親子留学は人気

  • サマーキャンプでバランスのとれた成長を目指して

    • 日本は学歴社会学と言われています。


      ですから、子どもの成長を見守る中ではどうしても学業に注意がいってしまいがちです。


      また、習い事をしている子どもも多いですから、普段は学校と習い事で忙しいのが普通でしょう。そこで、まとまった時間が取れる休みに、自然に親しんだり、社会生活について学んだりしてほしいと考える保護者が多いようです。
      そこで活用できるのが、サマーキャンプです。サマーキャンプは全国各地でいろいろな団体によって開催されています。
      体力をつけたりと健康面に重視したもの、自然学習など理系の取り組みに特化したもの、外国人留学生と交流して異文化理解を目的としたものなど、特色もさまざまです。


      そのように多種多様なサマーキャンプがある中で、共通したメリットは子どもの自立です。



      たとえ数日でも保護者から離れて過ごし、自分で身の回りのことを行うことで、自身の成長を確認することができます。

      布団の上げ下げや食事の後片付けなどの小さなことでも自分でできるという達成感が自信につながります。

      日本経済新聞関する情報選びで困った時に見てほしいサイトです。

      また、他に参加している子ども達と協力しながら過ごすことで、今後も続く社会生活のし方を自然と学ぶことができます。



      親がいると頼ってしまいがちですが、実は自分でもいろいろとできるのだという気づきがポイントでしょう。


      そして、いろいろな地域から来た通常では出会わないであろう友達ができることも魅力です。
      サマーキャンプで出会った仲間がまた来年もここで会おうと再度一緒に参加することも珍しくありません。